ペンション&コテージ ピエロ

軽井沢は日本でも屈指の、ペンション激戦区ではないでしょうか。なんてことを言うと、たまに否定的な意見をもらいまくりますが、それでもやはりそれは間違いのない事実だと思います。というかそもそも、ペンションって何かわかっていない人も多いですよね。そういう方のために一つお教えしておくと、ペンションってのはまあ安宿で、特徴としてはお料理が出ますね。しかも夫婦とかでこじんまりと営業していて、お料理を作るのも彼らというスタイルのがペンションっていうイメージです。と言ってもまあペンションの形態もいろいろですから、全てが正解なんてことはまずあり得ませんけどね。さてさて、そんなペンションですが、軽井沢のおすすめペンションと言うとまず名前を出したいのは、ペンション&コテージピエロですね。ペンションってお料理を売りにしている所が多いんですが、ここはまさにその典型とも言えるペンションで、お料理がめちゃくちゃ美味しいんですね!それもそのはず、こちらのペンションのご主人はなんともともとコックさんだったみたいです。

1万円しないくらいの値段でプロの作るお料理が食べられて、朝もしっかり豪華なモーニングが付いてくるなんて、なかなかあり得ないです。さすがはペンション、さすがは軽井沢といったところでしょうか。それにしても軽井沢ってのはご飯が美味しいしんですが、それはやはり軽井沢という土地が育む野菜のうまさからきてるんですよね。これはもう間違いのない事実だと思います。
ちなみにこのペンション&コテージピエロ、基本的に夜はお肉もお魚も付いてきます。その中でも個人的に人おすすめしたいのは、舌平目のムニエルですね。軽井沢なのに魚かいっ!と思われそうですが、この軽井沢でも美味しい魚って入ってくるんです。その代表とも言えるのがやはり舌平目!かは知りませんが、うーん、美味しいんですね。もちろん肉料理も美味しいんですけどね。

で、締めにやってくるのは女の人が大好き、デザートです!デザートって最高だけど、このペンション&コテージピエロのデザートはなお最高!何が最高って、ワンプレートで三つのデザートが楽しめるんですよね。これはなかなかの魅力だと思いませんか?軽井沢ってチーズケーキとかそっち系も有名だから、デザートは鉄板で美味しいと思います。

そしてさらにペンション&コテージピエロが素晴らしいのは、モーニングが素晴らしい!軽井沢とかにきたら早起きしたくなりませんか?そして早起きしてお散歩して、軽井沢の美味しい空気をいっぱい吸って、その後食べるこのペンションのモーニングは最高なんです!特におすすめなのは、軽井沢の野菜がたっぷり入ったスープですね。ここではついに軽井沢高原野菜の登場です(笑)ちょっとひんやりしている軽井沢をお散歩した後には、この暖かいスープがなんとも体にしみるわけですよ。さらにペンション&コテージピエロ自慢のフレーバーコーヒーも最高ですね。これは是非とも飲んでいただきたい。
一面が窓になっているテラスで飲むフレーバーコーヒー、そして窓からは軽井沢の青々とした風景、この組み合わせだけで何時間でもいれます。そして何杯もコーヒー飲みながら軽井沢を楽しめちゃいます。

これだけのポテンシャルを秘めているペンションにもかかわらず、軽井沢にはペンションが多すぎるあまりいついってもぼちぼち空いてるんですよね。空いてるっていうのは結構大切なことです。せっかく軽井沢まで来たのに、なんだかせわしない雰囲気なんて嫌ですもんね。
しかもペンション&コテージピエロには貸切風呂もありますから、やはりゴミゴミしてるよりも空いているくらいの方が気兼ねなく風呂に入れていいと思います。貸切風呂って時間制限があるところが多いですが、私たちがペンション&コテージピエロにいった時は本当に空いていて、時間制限もなく貸切風呂を堪能させて頂きました。水周りもしっかりと清潔感が保たれていて、お掃除に関してはパーフェクトでした。軽井沢って街は新しくないから、古い建物もどうしても多くなります。そんな中で水周りが綺麗に保たれているへやコテージはとても嬉しいですね。このペンションのオーナーの人柄が出ていると言っていいでしょう。

そうそう、オーナー夫妻もいかにも軽井沢な、素晴らしい方々でした。程よい距離感の接客で、いつもいいタイミングで写真を撮ってくれるのが良かったです。これだけの大自然に囲まれながら毎日を過ごしていると、写真を撮るのも自ずと上手くなっていくんでしょうね。

ちなみに奥様は趣味でキルティング、人形、パッチワークなんかをされているみたいです。いかにも軽井沢らしい、ちょっと気品溢れる趣味ですよね(笑)わたしにはなんのことやら分からない趣味でしたが、他のお客さんには結構ウケていて、買って帰られる方もいらっしゃいました。ちなみに奥様の作品はテラスで販売されています。まあ興味がある方はのぞいてみてもいいでしょね。

なんか長々とご紹介させてもらいましたが、軽井沢に行くならペンション&コテージピエロはおすすめですよ。軽井沢駅と中軽井沢駅とちょうど中間あたりに位置していて、駅から歩いて25分ってところです。抜群に立地がいいわけではないけれど、程よく店もあって軽井沢としては悪くないかなと思います。まあなんせお料理です。軽井沢でベスト5に入るくらいの美味しいご飯を食べたいなら、是非ともペンション&コテージピエロに行かれることをおすすめします。

 

 

 

シルバーフォックス軽井沢

軽井沢まで来たからには、やはり軽井沢の美味しい野菜を堪能したい、そう考えている方は絶対に多いと思います。特に宿泊にコテージやキャンプではなくペンションを選んだ方なら、軽井沢の美味しい地元料理に期待しているに違いありません。では軽井沢の地元料理やご当地ってどういうものになるのでしょうか。いろいろと考えられますが、おそらく一番はやはり野菜でしょうね。高原野菜は長野県の名物ですが、ここ軽井沢も例外ではありません。軽井沢のペンションは窓を開ければレタス畑!なんていうところもあるくらい、高原野菜が有名なところなのです。

そんな軽井沢の野菜をしっかりと堪能できるのが、シルバーフォックス軽井沢です。シルバーフォックス軽井沢の目玉はなんと言っても、ディナーの前菜で出てくるサラダです。たぶん誰しもがこんな野菜の量見たことないよってくらいに出て来ます。そしてそれがもうみずみずしくて、シャッキシャキで、美味しいのなんのってもう、驚きです。野菜の種類もさすが軽井沢、たくさんの野菜があります。中には知らない野菜もたくさんあって、楽しめるんです。香りの強い野菜もあったりして、ちょっとクセのある味を楽しめるのも軽井沢ならではですね。だけどやっぱりそのサラダの中でも一番美味しいのは、軽井沢産のレタスなんですよね。こんなにみずみずしくて美味しいレタスは食べたことがない、そう確信できるサラダです。はっきり言ってこのレタスを食べるだけでも、シルバーフォックス軽井沢に宿泊する価値はありだと思います。

もちろんそれ以外にも美味しいものはたくさんあります。個人的に気に入ったのはカツオの燻製ですね。ビールやワインによく合うお料理です。軽井沢は地産のビールやワインもある地域ですから、やはり酒に合う料理も愉しみたいですよね。ちょっとクセはありますが、カツオの燻製はオススメのメニューです。またオーナー自らが作るキッシュも最高ですね。キッシュは何度か食べたことがありましたが、出来立てってあんなに美味しいとは知りませんでした。周りがパリパリで香ばしくて、最高のキッシュでした。

また風呂は3つあり、一番良かったのは信楽焼のお風呂です。床も天然石で本格的に設えてあって、まるで温泉に来たかのような設備ですね。軽井沢は夜が冷えますから、お風呂がいいのはテンションあがります。ただし予約制じゃないから好きな時に入れないこともあります。予約制じゃない風呂って、時間に縛られないけど風呂に入っても誰か入ってたりします。反対に風呂に入っている間も誰かが外で待ってるかも…なんて不安になるんです。やはりお風呂は予約制がいいのかなと思います。まあでもペンションはどこもこんな感じですから、そこは仕方ないですね。ただ部屋は古くて狭いので、そこも覚悟した上でシルバーフォックス軽井沢を選択してください。ドアの開け閉めも響くし夜中に起きてしまうこともありますが、それもまた風情あり
と捉えて泊まってみてはいかがでしょうか。

だけど清潔感はとてもあって、風呂やトイレはいつも綺麗にしてあります。たぶんマメにチェックしてあることだろうと思います。庭も手入れが行き届いていて、軽井沢らしいお花が咲いてるし、時たまリスがいることもあるみたいです。なんせシルバーフォックス軽井沢は迷いそうなくらい森の中にあるペンションですから、野生動物もたくさんいるんですよね。そこも含めて楽しめる人こそ、シルバーフォックス軽井沢向きだと思います。

オーナーは気取らない感じで、優しく気さくな人です。いかにも長野県民らしい、無駄のないおおらかな人柄のオーナーですね。だけど融通がきくし、リクエストすれば良いサービスをしてくれることもあるので、なかなか良い人だと思います。そのオーナーが仕入れてくる野菜、やっぱりこれがイチオシですね!