軽井沢プリンスホテル

軽井沢の中でも立地だけで言えばおそらくno.1と言えるのがこちらの軽井沢プリンスホテルです。アウトレットに行くにも、街観光に行くにも、食べ歩きに行くにも、そしてもちろん駅に行くにしても、1番良い位置にあるホテルだと思います。加えて無料のシャトルバスも用意してくれているものですから、軽井沢をアクティブに楽しみたい人には非常に利便性の高いホテルです。特に、昼間はアウトレットでお買い物しまくり!夜は軽井沢の野菜をふんだんに使ったイタリアンやフレンチで乾杯!そんな大人な過ごし方に向いているホテルです。

ただしプリンスホテルとは言ったものの、決して高級ホテルと言えるものではないので、そこだけは注意しておきましょう。施設自体がもう古くなり始めていて、老朽化も多少感じられます。ホテルはやはり豪華さ命!そんなセレブリティな考えの人には軽井沢プリンスホテルは物足りないかもしれませんね。だけど古いなりに従業員の方も一生懸命で、掃除は徹底的に行き届いている印象です。そこはプリンスホテルのクオリティで、隅々まで気持ちいいくらいに徹底して清掃されているのには感心です。そのあたりを考えると、コストパフォーマンスは高いホテルだと思います。ある程度築年数が経つこともあるので、そう高くない値段で宿泊できるのも嬉しいところですね。とは言っても価格帯はどうしてもお料理には出てしまうもの、そこはあまり大きな期待は寄せない方がいいかもしれませんね。朝も晩もこちらではビュッフェスタイルで食事が提供されますが、種類は多くもないし、少なくもないといったところです。お味の方は悪くはありませんが、やはりビュッフェですから、もう一回あれを食べたいなーとまでは思えないレベルです。とはいえ及第点には達していますから、やはりここもコストパフォーマンスの高いホテルだと考えられるのではないでしょうか。

では軽井沢プリンスホテルの1番のウリはなんなのか、それはコテージタイプの宿があることです。軽井沢プリンスホテルには普通のホテル客室と、コテージタイプの部屋があります。コテージタイプのお部屋は青々とした芝生エリアに点在していて、そこらじゅうで鳥が鳴いています。夏なら芝生で昼寝したりできるし、冬であれば部屋のドアを開けたらそこからスキーが楽しめる環境です。便利な立地にありながら、ドアを開ければ大自然、これは軽井沢のプリンスホテルだからこそできる独特のサービスだと言えます。ちょっとアウトドアにハマり出していて、自然の中で宿泊したいけどキャンプとかはまだ怖い、そんな人にもちょうどいいホテルですね。夏に草原の中で暮らす感覚で泊まるのもいいし、冬に雪原を散策するのもいいでしょう。また子連れでスキーやスノーボードを楽しむならいいかもしれません。休憩にすぐにコテージに戻ることができるし、お昼も部屋で食べられるので家族には便利ですね。ただのホテルじゃ嫌、どうせなら軽井沢らしい雰囲気を感じたい、そんな人にはオススメしたいホテルですね。

また大自然に囲まれているとは言っても、あくまでも大手ホテルグループですから、施設などはかなり充実しています。温泉はもちろんコンビニやカフェなど、必要なものはほとんどホテル内に揃っています。軽井沢の冬はかなり寒いですから、温泉は必須だとも言えます。軽井沢ではホテルよりキャンプやペンションが人気を集めていますが、温泉に関してはホテルにしかできないサービスですよね。ゆっくりのんびりしたい大人派のんびりお客様にはやはり温泉はマストですね。ただし残念なことに棟によっては温泉街ないこともあるし、またコテージの宿泊者はホテル館内の施設が使えないこともありす。そのあたりはご自身がどの条件に入るのか、事前にチェックしておいた方がいいと思います。とことんウィンタースポーツやバーベキューというアウトドア派にはコテージでいいし、お買い物は美味しくて贅沢なお料理という落ち着いた遊び方が好きな大人にはホテル客室のご予約をお勧めいたします。各人の嗜好や好みに合わせて宿泊スタイルが選べるのも、大手リゾートホテルだからこそできる強みなのかもしれませんね。なんせユーティリティに富んだ機能的な庶民はホテルとして認識しておくと良いでしょう。一昔前の高級志向のプリンスホテルをイメージしていくとがっかりすることがあるので、そのあたりは誤解しないようにしましょう。

 

 

 

星のや軽井沢

日本のホテル業界に突如現れた新星、最近では星のやが手がければ流行ると言われるくらいに人気のホテルグループとなりました。星のグループよホテルには様々なブランドラインがあって、最高級と言われているのが星のやです。星のやは軽井沢、京都、東京、富士、竹富島、バリの六ヶ所にしか存在しません。その中でももっとも古くから存在しているのが、星のや軽井沢です。軽井沢には比較的古いホテルや中級ホテルが多く立ち並びます。軽井沢が保養地として発展し出したのはとうの昔のことですから、全盛期を終えた感があるのは否めません。そんな中で、星のや軽井沢は唯一とも言える高級感あふれるリゾートホテルです。四方を森に囲まれ、敷地内にはヴィラが立ち並んでいます。そしてそのヴィラタイプのお部屋の間を縫うように水路が設えてあります。軽井沢の自然にうまく溶け込んだ、なんとも言えぬ幻想的な空間設計となっています。
星のやは空間設計や照明設計に非常に力を入れていることでも有名なホテルです。照明設計のためだけに、その道の専門家を採用するほどの力の入れようです。しかしそこまで徹底し尽くした空間づくりこそが、星のやの今の人気を支えているのだと言えます。お部屋の中にはふかふかのお布団の他にもデイベットがあり、軽井沢でゴロゴロと過ごすにも最高の環境です。またテラスにはカフェテーブルが設えてあり、お茶やお酒を愉しみながら水辺を眺めることができます。水鳥を観察するもいいし、その向こうに見える森を眺めるのもいいでしょう。目に入るもの全てが計算されて設計されたホテルですから、景色でも十分に楽しませてくれます。春には新緑が、秋には燃えるような紅葉が、季節に合わせた大自然を鑑賞できる希少なホテルです。

また料理はかなりの定評があり、経験を積んだ優秀なシェフが料理長を務めています。軽井沢の新鮮な高原野菜を使った和洋折衷のコース料理が楽しめます。ただしお値段も超一流なので、オーダーを通す前には確認しておいた方がいいかもしれませんね。軽井沢は外でも美味しいお店がたくさん見つかりますから、無理してホテル内で食事しなくても、外のイタリアンやフレンチを食べにいくのもいいかもしれません。

しかしこのホテルの1番の醍醐味は空間設計でもお料理でもありません。星のやがここまで支持されている1番の理由、それは何を隠そうとも、ホスピタリティの高さです。訪れるお客様を最高のゲストとして認識して、持てる力をフルに使ってるおもてなししてくれるホテルです。細かいサービスや気遣いはさることながら、ホテル館内の随所でお客様を楽しませるための工夫がされています。例えば団欒スペースではコーヒーや茶菓子が無料提供されていたり、ロビーでは定期的に楽器の生演奏がおこなわれていたり、お客様を楽しませるための工夫がなされています。そのサービス内容は季節ごとによって変わるしわ、一種のサプライズのような側面もあるので、ここではネタバレしないように伏せておきます。例として星のや竹富島を挙げるなら、星のや竹富島では定期的にプール側の団欒スペースで島唄ライブが行われます。それも本物の島唄が唄えるおじぃによるライブです。なかなか聴くことのできない生の島唄はあなた一気に沖縄の世界へと引きずり込んでくれることでしょう。星のや軽井沢にもそのように、お客様を一気に軽井沢の魅力でいっぱいにしてくれる力があるのです。

よって滞在中にこのホテルで退屈するっていうことはほとんどありません。無料のものだけでなく、もちろん有料のツアーにも力を入れています。とは言っても単純なツアーとは違い、例えば星観察であったり、川のそばでのヨガなんかであったり、他とは差別化した女性に人気が高そうな星のやならではのツアーが人気を集めています。そちらもかなりの料金はしますが、どのツアーも独特で楽しいですから、ホテルにいる間に参加してみるのもいいでしょう。しかしやはりこのホテルの1番のウリはあの空間!ツアーに行くのもいいけれど、施設内を楽しむのがやっぱり1番です。部屋や共用スペースをとことん楽しみ尽くしてくださいね。